エプシロン・ツールチェンジャー

進化したツールチェンジャーのブレイクスルーと今日の生産環境に対応した優れた機能

エプシロン・ツールチェンジャーシリーズは、マニピュレータ(すなわち、ロボット)が異なるツール/エンドエフェクタの間で迅速に交換するための強力かつ信頼性の高い方法を提供します。 Applied Roboticsのモジュラー設計により、エプシロンはあらゆるアプリケーションに対して最大の柔軟性を持って対応します。
このシリーズは、現在製造中のCXC、MXC、およびSigmaのツールチェンジャー全体(10kgから1,500kgまで)を網羅する包括的なツールチェンジャーとして設計されています。
アプライド・ロボティクス独特のカム構造によるロック機構には長時間の耐久テストの結果、絶大な自信を持ち、生涯保証を提供しています。これらのツールチェンジャーを設計するにあたり、進化する市場の要件と顧客からのフィードバックを確実に取り入れ、カップル/アンカップルセンシングの可用性を拡張し、アダプタープレートの必要性を制限するために直接ボルト設計を考え出しました。

また、Epsilonツールチェンジャーは、組み立て、ディスペンス、マテリアルハンドリング、溶接といったお客様のより専門的なアプリケーションの課題を解決するために取り組んでいます。

エプシロン

 

利点

  • 独自の磨耗補正、フェイルセーフカムラッチ機構
  • 気体、液体、電気、光学などのすべてのユーティリティを同時に結合
  • 回線の切り替えを数時間から数分に短縮
  • 専用フロアスペースを最小限に抑える
  • 電気ブロック内の接点は、連結/連結解除の繰り返しによる磨耗を軽減するためにバネ式で、現場で交換が可能。

 

部位説明

①安全制御モジュール (SCM)パフォーマンスレベルEの安全ソリューションは、承認されたスイッチと組み合わせると、EN ISO 13849-1規格のすべての要件を満たします。制御システムの機械安全関連部品の安全性が確立されています。
②大電流サポート (HIKVA)これらのモジュールは、溶接アプリケーションで必要とされる高電流伝達用に特別に設計されています
③サーボモジュールモーターの電力とエンコーダー/リゾルバー信号をアームの端のツールに提供します
④I/Oとパス通信モジュール通信および制御信号をツールチェンジャーを介してアームの端のツールに渡します。すべての接続は、信頼性の高いセルフクリーニングスプリングプローブ接続を備えた頑丈な工業用グレードです。
⑤空気圧および流体継手ロボットからツールチェンジャーを介して、アーム、ツーリングの端まで空気、水、クーラントを通過させます。すべてのバルブは、非結合状態のときに漏れを防ぐために自己シールです。

カムロックの優位性

アプライドの線状の接触 vs 他社の一点のポイントによる接触
フローティングドライバー(1)は、連結するたびに完全な接触を保証し、より大きなモデル(E80からES200)のメカニカルロック(2)は、電源または空気圧の損失時にツールの分離を防ぎます

最適に設計されたカム:アプライドロボティクスのカムロックの設計は、長年のテストに耐え、優れた信頼性とパフォーマンスを提供することで定評があります。既製のボールベアリングだけでなく、設計された専用カムロックは、あらゆる方法でボールとコレットの構成よりも優れています。メンテナンス要件の軽減とサービスの寿命が長く、生涯の所有コストは他のどの設計よりもはるかに低く抑えられます。実際、アプライドロボティクスのカムロックは堅牢で信頼性が高く、寿命が保証されています。

摩耗(摩擦によるすり減り):時間の経過とともに、Epsilon™カムのプログレッシブプロファイルは継続的に摩耗を補正し、強固な接続を維持します。 500万回のサイクルでも、カムの設計はサイクル1回目と同じように安全にロックされます。
逆に、ボールとコレットの設計のボールベアリングは、使用に伴って摩耗して小さくなり、接続が劣化し、ロボットとツールの間に隙間や遊びが生じる可能性があります。

リトラクト&リリース:Epsilon™カムは、複動ピストンと駆動機構によって制御されます。アプライドロボティクスのカム設計で配置されたこの複動シリンダーは、「確実な後退」を可能にします。空気圧が1つのチャンバーに適用され、カムを押し出して結合位置にします。一方、2番目のチャンバーが加圧されてピストンが反対方向に移動し、カムが引き戻されて接続が解除されます。このレベルの制御と信頼は、ボールとコレットの方法では提供されないため、「確実な後退」はできません。ボールとコレットの設計は、ボールがコレットを解放できるように重力に依存しています。工場に存在する汚れや破片が導入されると、ボールがロックされた位置で詰まる可能性があり、意図せずにツールがスタンドから引き出される可能性があります。

回転再現性:ロボットとツールの間に確実なロック/ロック解除を提供することに加えて、ツールチェンジャーの2つの側面が正確に位置合わせされたままであることが最も重要です。メカニズムが摩耗により機械的に変動する場合、ロボットが実行している反復作業はその再現性を失います。これは、カムがボールとコレットよりも明確かつ一貫して上回っていることの一つです。

前述ように、カムは回転に抵抗する線接触を提供します。このシナリオでは、カムユニットのマスター(ロボット側)のガイドピンは、2つの半分を一緒にガイドすることのみを担当し、アセンブリの回転を防止することはできません。回転応力は、ガイドピンではなく、カムと関連するダボによって主に吸収されます。逆に、ボールとコレットの設計は本質的にベアリングレースです。アセンブリが回転しないようにするために、ガイドピンは、ロボットの移動に伴ってアセンブリ内に発生する回転慣性を強制的に受け止めます。回転応力により、ガイドピンが早期に摩耗し、ボールとコレットツールチェンジャーの接合部分の間に遊びが生じ、再現性が損なわれます。やがて、ピンは交換する必要があり、ダウンタイムと費用が発生します。最悪のシナリオでは、ピンがずれて、アセンブリ、工具、材料全体がフリーホイールし、製品、機器に損傷を与え、怪我を引き起こす可能性があります。これは、Epsilon™のポジティブロックカムシステムでは発生しません。

応用例

  • 型の取り替え
  • ツールチェンジ
  • 交換可能なフレームゲートシステム
  • 電気コネクタ付き組立ライン自動キャリア
  • パレットカップリングシステム
  • 回転式ターンテーブル
  • ドッキングシステム
  • テストベンチ

ユーティリティ

  • ガス
  • 液体
  • 真空
  • 一時電力
  • シグナルパワー
  • ビデオ
  • コミュニケーション
  • コントロールロジック
    • Profibus-DP
    • Interbus-S
    • DeviceNet

仕様

より詳細なデータシートはこちら(ログイン専用ページ)

モデル最大荷重(kg)繰り返し精度
-X,Y(mm)
繰り返し精度
-Z(mm)
重量(kg)供給圧力(bar)直径または
幅×長さ(mm)
高さ(mm)ユーザー供給
空気圧範囲(bar)
E31.510+/-0.02+/-0.020.135-736360-7
E50
25+/-0.02+/-0.020.595-785480-7
E6350
+/-0.02+/-0.020.605-785480-7
E8090+/-0.02+/-0.022.745-715271.50-7
E100120+/-0.02+/-0.022.685-715271.50-7
E125350+/-0.02+/-0.029.225-7175 x 2241200-7
E125LP225+/-0.02+/-0.025.435-7190940-7
E160525+/-0.02+/-0.0213.895-7242.9 x 280.51200-7
ES160800+/-0.02+/-0.0218.035-7242.9 x 280.51200-7
ES2001500+/-0.02+/-0.0228.535-7301 x 3581200-7