人と安全に協働作業できる協働ロボットの成長により、自動化は新世代のアプリケーションにも利用可能になります。しかし、このアクセシビリティは、特別なセンサのコストの高さ、再現性の低下、サイクルタイムの劇的な短縮等を引き起こしてきました。アプリケーションで 6自由度(XYZ位置とすべてのグリッパー方向)での協働作業が必要な場合、Precise Automationの産業用協働6軸多関節ロボットのラインは、一般的な協働ロボットの使いやすさとともに、従来のロボットが提供する機能、価格、および再現性を提供します。そして、将来的には、オペレータがいなくてもいいようになった場合は、これらのロボットの安全ガードを使って簡単に切り替えて再展開し、さらに速いサイクルタイムで従来の非コラボレーションモードで動作させることができます。

→データシートはこちら(ログイン専用ページ)

特徴

  • 次世代協働ロボット
  • 混在した製造環境
  • パワフルで使いやすいソフトウェア