アプライド・ロボティクス

Applied Robotics(アプライド・ロボティクス社)は、ユニークなアプリケーションとマーケットに対応した特別なロボットハンドとコネクティビティソリューションを提供するグローバルリーダーです。様々な産業のマテリアルハンドリングプロセスにおいて、新しいレベルの柔軟性と効率性をお届けしております。

1983年以来、既存のハンドツールでの生産性ニーズに満たされないユーザーからの依頼を請けて来ました。アプライドロボティクス社は、特別なツールソリューションを展開することによってこれらの問題を解決し、より良い競争力の高い利点を提供致しております。

アプライドロボティクス社は、世界中の企業へロボティックソリューションを提供しております。自動車やエレクトロニクスから食料、製薬などの幅広い産業への実績があります。会社詳細はこちらをクリックして下さい。

 
 

フェッチ・ロボティクス

Fetch Robotics (フェッチ・ロボティックス社)は自走型ロボット「Freight (フレイト)」を開発する米国のロボットベンチャーです。同社は、2015年6月にソフトバンクを中心とする3社から2000万ドルの資金を調達した事で注目を浴びているベンチャーです。フレイトは最大100kgまでの荷物を積載できる自律走行型物流支援ロボットです。フレイトが荷物の搬送を担うことで、作業員はピッキング作業や組み立て作業に集中することができ、企業は搬送作業をロボットに担当させることで生産性の向上が図れます。

従来のAGVと違い、自律知能を搭載し、自分で周辺の地図を作る事によって環境変化に対してダイナミックにナビゲーションを行う事が可能となります。倉庫や工場内における荷物の積み下ろし場所や充電場所などの基本情報だけでなく、エリアごとの移動優先ルート、速度マップ、立ち入り禁止区域などのルールも地図に埋め込むことができ、複数のロボットで情報を共有します。よって、急なレイアウト変更などにも柔軟に対応することが可能です。会社詳細はこちらをクリックして下さい。

ユビキティ・ロボティクス

ユビキティ・ロボティクスは、低コストのモバイルロボット工学プラットフォームにおける革新的な企業です。シリコンバレーテクノロジーのベテランで構成された経験豊富なチームは、ロボットがあらゆる場所に存在できるようにする事に専念しています。 ユビキティー・ロボティクスは多くの画期的な技術を開発してきました。これにより、より多くのペイロード、耐久性、機能を顧客に提供しながら、モバイルロボットのコスト効率を格段に高めることが可能になりました。会社詳細はこちらをクリックして下さい。

 
 

ARSオートメーション

ARSは、前身であったアデプトテクノロジーイタリア支社を母体としたロボット工学からマシンビジョン、非破壊X線技術まで、幅広い経験を積んだプロフェッショナルチームにより構成されています。柔軟な自動化のための革新的で新しいソリューションを提供しています。長年にわたり、電子・自動車・化粧品・医療・食品市場向けの特殊な機械を設計する上で、重要な経験を積んできました。ARSチームは、自動化の経験と最新の技術革新を組み合わせて、革新的なフィーダFlexibowl®など、柔軟で信頼性が高く、正確で技術的に高度なソリューションを提案しています。

ARSは内部の研究開発部門を持ち、イタリアの大学や研究開発センターと協力しています。会社詳細はこちらをクリックして下さい。

 

SuitX

カリフォルニア大学バークレー校での長年にわたる研究のスピンアウトとして Dr. Homayoon KAZEROONI (ホマユーン・カゼローニ博士)率いる研究者達によって設立された会社です。重労働に従事する労働者の身体を守るために腰、肩、足の怪我や負担を軽減する3種類の外骨格型アシストスーツを開発製造しています。米国政府賞などを受賞、UAE AIとRobotics for Good Competitionで100万ドルの最優秀賞も受賞しています。会社詳細はこちらをクリックして下さい。

 
 

マッスル

1988年5月26日にMuscle Corporation(マッスル社)は人々に役立ち、幸福をもたらす様な仕事がしたいというエンジニアの夢のもと大阪に設立されました。

6年後、マッスル社は大阪府研究開発型企業振興財団より投資信託先として認定を受けました。10年目には、FDA(米国食品薬品局)より認定を受けたインテリジェントモーター製品開発に成功し、米国大手医療機器メーカ-に直接輸出を開始しました。小規模な会社にも関わらず、同社は高度なテクノロジーと営業力を持った頭脳集団に特化しています。

また、他方では超一流への製造委託をすることにより、ファブレスメーカーとして活躍しています。マッスル社は、他社では不可能な事を成し遂げる、というポリシーのもと多くの特許とノウハウを得て、現在急成長しています。モーションコントロールを専門とする弊社は、マッスル社の製品に2004年に遭遇し、そのコンセプトに感銘を受け、弊社のインテグレーションビジネスを主とした、弊社のアメリカ・アジアマーケットで販促を始めました。会社詳細はこちらをクリックして下さい。

 
 

プリサイス・オートメーション

Precise Automation(プリサイス・オートメーション社)は、低コストで高パフォーマンスな総合モータードライブ付き視覚誘導(ビジョン・ガイダンス)ロボティック・モーション・コントローラーおよび電子、半導体、そして生命科学産業分野で使われる最新の機械の設計販売を行っています。同社は上記製品のデザイン、製造、インテグレーション、 そしてディストリビューションをOEMと共に取り組んでいます。視覚誘導モーション・コントローラーはモーター・ドライブ、パワフルでユーザーフレンドリーなソフトウェア、そしてビジョンとネットワーク性能がわずかな設置面積1フィートのプリントに集成されています。これらのコントローラーは、小型ロ ボットだけでなく大型のガントリーも駆動制御出来ます。会社詳細はこちらをクリックして下さい。

 

サイテック

Sightech Vision Systems(サイテック社)は品質検査と工場自動操作の為の産業ビジョンシステムの製造会社です。サイテックは、部品の認識や反復工程のモニターを自己学習技術により行うマシンビジョンの画期的な新しいアプローチを提供しております。 この強力なビジョン自己学習技術により、マシンビジョンの未開拓の分野、例えば、以前は解決不可能であった画像検査の問題などの多くを解決することが出来たのです。

サイテック社のデバイスが特別なのは、プログラミングの代わりに自己学習能力を持って検査、プログラミングが不要なのです!メーカーの方が良部品を装置に簡単見せるこ目的を構築する事です。顧客が良部品を装置に見せることによって、容認可能性が教え込まれます。数分間(又は数秒間)のトレーニングで、装置は部品の良・不良を判断することが出来るのです。サイテックの製品にはNeuro-RAM tm という人工知能が組み込まれており、こういった学習記憶方式が可能となります。会社詳細はこちらををクリックして下さい。

SaveSave

SaveSave