完全な自動化ソリューション

24時間365日稼働し続ける生産性の高い倉庫へ

inviaのサブスクリプションベースのサービスは、ハードウェア、ソフトウェア、遠隔監視だけではなく、上記のすべてがシームレスに連携してお客様のオペレーションを最適化します。inViaシステムは、軽快なロボット、強力なAI駆動の最適化ソフトウェア、24時間365日のプロアクティブモニタリングで構成されており、効率的なワークフローを作成し、無駄な倉庫内の歩行を排除し、昼夜を問わずスムーズなオペレーションを実現することで、生産性と精度を劇的に向上させます。夜間や休日などでも翌日や休み明けの作業効率を上げる段取りをシステムを構築しています。


inViaシステムの3つの特長

フルフィルメント全体の精度

inViaのシステムは、フルフィルメントプロセス全体での不正確なヒューマンタッチを減らし、ピッキング、補充、そしてパットバックの間の精度を向上させます。サイクルカウントと倉庫マッピングにより、在庫レベルと位置を正確に把握することができます。

ピーク時の効率

inViaのクラウドベースのシステムは、無制限のデータポイントを入力、管理、活用し、倉庫をよりスマートにする機能を提供します。また、ビジネス・インテリジェンス・レポートは、情報に基づいた迅速な意思決定に必要なデータへのアクセスと理解を容易にします。

専門家による遠隔監視

inViaの倉庫業務の専門家は、お客様の自動化システムを開発・展開するエンジニアとホームオフィスに配置されています。この高度なスキルを持ったチームが協力して、お客様のシステムを遠隔監視し、お客様の注文が正確かつ確実に実行されるようにします。


ソフトウェア

inViaの優秀なソフトウェア

inViaのシステムのエンジンは、お客様の倉庫を効率的に稼働させるために舞台裏で働いているAI駆動のソフトウェアです。inVia Logicは最も効率的な在庫移動を計算し、inVia Commandはその移動方法をロボットやお客様のスタッフに指示します。inVia Connectは、お使いのWMSとシームレスにデータを通信することで、インフラストラクチャの変更を必要とせず、迅速な導入を可能にします。

使いやすい管理ソフトで、どこでもリアルタイムで意思決定可能

inViaのポータルとダッシュボードでは、ほとんどのスマートデバイスからロボットや在庫の位置や生産性レベルをリアルタイムで確認することができます。つまり、どこにいても業務を監視し、情報に基づいたリアルタイムの意思決定を行うことができます。

生産性を高める
学ぶ 繰り返す

AIと機械学習によりシステムを継続的に更新し、お客様のワークフロー全体で新たな効率性を発見します。ソフトウェアとワークフローの更新はサービスに含まれているため、常にテクノロジーの最先端を行くことができます。

何も変えないで
私たちが適応します

ラックや床はそのままの状態で。inViaのロボットはコンパクトなサイズと機動性を備えているため、既存のレイアウトを問わず、どのようなレイアウトでも作業することができます。

ボリュームスパイクに対応し、労働力のギャップを埋める

ピークシーズンに向けて、より多くのスループットが必要ですか?出荷の上昇に備えシフトを追加したいですか?そのような場合にも対応できます。当社のRaaSモデルを使えば、ロボットのスケールアップやスケールダウンを行い、季節ごとの需要に対応し、人員のギャップを埋めることができます。

inVia PickMate

inVia PickMateは、注文された商品をピックフェイスから注文箱に移動させるための簡単な指示を提供します。また、生産性レベルをリアルタイムで可視化する管理ビューも含まれています。

ハードウェア

棚の上部まで有効活用!8フィート(2,4m)の棚まで届くリフト

現状の倉庫の多くは天井が高く、空間をロスしていますが、inViaピッカー・ロボットはコンパクト(わずか64.8cm x 66.3cm)で、最大8フィート(2,4m)に達する拡張可能なリフトを備えています。工業用吸盤は、棚にある箱にタイトなグリップを密封し、倉庫内を移動するときに商品を安全に保持します。

40ポンド(18kg)までの商品を扱う

inViaのロボットは、あらゆる素材、形状、サイズ、重量40ポンド(18kg)までの標準的な箱をピックして移動させることができます。また、お使いの棚に適応し、密度を最適化するためのインテリジェンスも提供します。

ロボットを止めない交換可能なバッテリー

最大10時間持続するホットスワップ可能なバッテリーは、貴重なフルフィルメント時間を1秒たりとも無駄にすることなく、ノンストップで作業を行うことができ、内蔵された照明システムにより、ロボットは暗闇の中でも見ることができます。

棚入れから出荷まで対応するGoods-to-personの効率

多くの自動化システムでは、倉庫内の通路をロボットと一緒に歩く必要がありますが、inViaの自律型ロボットは、棚の上の特定のビンや袋の位置を特定し、それらを取り除き、固定されたピッカー(物品対人)に運ぶことで、コストのかかる倉庫内の歩行を排除し、生産性を大幅に向上させることができます。

お問い合わせはこちらから