カリフォルニア州バークレー発のSuitX社は、医療用の外骨格型アシストスーツ、そして産業用としてバックX・ショルダーX・レッグXの3種類の外骨格型アシストスーツを設計し製造しています。各スーツは負担軽減箇所に合わせて選択・装着して頂けます。またユーザーのニーズに合った組合せで同時装着する事も可能です。軽量設計と汎用性の高いこれらのアシストスーツは、電池や充電 ・コンピューター等が不要で、一日中心地よく快適に使用できるよう設計されています。また他社製品に比べお手頃な値段で提供しています。

SuitX社の外骨格型アシストスーツは、空港手荷物取扱い所・物流業務・宅配サービス・建設現場・マテリアルハンドリング・組立ライン・造船業・鋳物工場など数多くの現場で検証を重ね開発されました。汎用性の高いこの外骨格スーツは、荷物を持ち上げたり、屈んだり、しゃがんだりするなどの屈伸を伴う作業や、頭上での作業など、過酷な作業をサポートし、疲労とコストのかかる職場での怪我を減らすことで、より安全で生産的な職場環境を提供し、作業者の生産性を向上させます。

SuitX-backX

BackX

腰痛のリスクを軽減しながら、作業者の筋力をサポートし生産性を向上させ、一日中快適に装着できる手頃な価格のバックサポート外骨格型アシストスーツです。詳細

LegX

作業者の筋力をサポートすることで生産性を高め、作業者に繰り返し、または長時間にわたって屈伸が必要な作業からくる疲労や膝の怪我のリスクを軽減する手頃な脚部サポート外骨格型アシストスーツです。詳細

SholderX

肩を疲労させる作業中の怪我のリスクを減らしながら、作業者の筋力をサポートすることで生産性を向上させる手頃な価格のアームサポート外骨格型アシストスーツです。詳細

MAX

バックX、ショルダーX、レッグXの3種類の外骨格型アシストスーツを組み合わせて構成される究極のトータルシステム。作業に必要な筋力を最大60%も減少させる事が可能です。

日本初上陸のSuitXシリーズ!是非お問い合わせください。