The FetchCore Cloud Robotics Platform for On-Demand Automation is a cloud-based software platform for deploying, operating, and optimizing warehouse robots. DHL explains that with FetchCore, you don't even need to know any programming to manage a fleet of robots.

Results with Fetch

32km

Manual travel saved / day

Featured Fetch Solutions

HMIShelf AMR

▶︎お問い合わせはこちら

WärtsiläとDHL
倉庫業務を効率化するクラウドロボティクスプラットフォーム「Fetch」を導入

オランダのカンペンにある37,000平方メートルのWärtsiläのセントラルディストリビューションセンターには、85,000点以上のユニークなアイテムが保管されています。同センターは、Wärtsilä Global Logistics Services(WGLS)の重要な一部であり、エネルギーと海洋ソリューションをサポートするスペアパーツの物流チェーン全体のハブとして機能しています。2015年には87万点以上のアイテムが顧客に出荷されました。これを実現するためには数百人のチームが必要で、入荷、品質保証、保管、梱包、出荷の間で常に商品を移動させています。WärtsiläはDHLと提携して倉庫業務を管理しており、両社は安全性と効率性の両方を向上させるために新技術を適用した革新的な方法で協力しています。

WärtsiläとDHLは、ロボットが倉庫環境にどのような付加価値をもたらすのか、また、コラボレーションロボットが従業員とどのように協働するのかを知りたいと考えていました。そして、ポイントからポイントへのマテリアルハンドリングを簡素化するため、倉庫のワークフロー内にFetch Roboticsのバーチャルコンベアーの1つであるマテリアル輸送のソリューションと自律走行ロボット(AMR)の導入を決めました。Fetch Cloud Robotics Platformを使用して、ロボットたちはわずか数日で導入されました。

当社のロボットシステムは稼働しており、すでにオペレーターの1日の歩行距離は32kmにまで短縮されています。印象的なのは、このソリューションの柔軟性と、我々のニーズに合わせて簡単に調整できることです。

Bastiaan Snaterse
Project Manager, DHL Supply Chain Consultancy and Innovation

各FetchのAMRには倉庫内の位置を認識し、静的障害物(パレットのような)と動的障害物(フォークリフトのような)の両方を避けることを可能にするセンサーが装備されているため、ロボットは通常の倉庫内の作業をインテリジェントにナビゲートします。人の周りで減速し、倉庫内で自分の安全な道を見つけることができます。

労働者の肉体的ストレスを軽減することに加えて、Fetch RoboticsのAMRは商品の輸送という反復的なタスクを引き継ぐことができます。これにより、作業員はよりやりがいのある充実した仕事に集中できるようになりました。数日のうちに、Fetch Robotics VirtualConveyorソリューションは、Wärtsilä社の物流センターで働く労働者の生産性を向上させると同時に、毎日30キロ以上の距離を歩く必要がなくなりました。しかし、これらの改善を持続可能なものにするためには、ワークフローの変化に迅速に対応できるロボットの柔軟性も必要です。Fetch AMRはロボット全体を施設全体の1つのマップで管理することができます。プログラミングの経験がなくても、ユーザーはロボットの経路やスケジュールを変更したり、制限区域を指定したりすることが簡単にできました。これにより、Wärtsilä社とDHL社は、ロボットが特定の倉庫環境に適応できるという確信を持ってFetch AMRを導入することができました。

Fetch Cloud Roboticsのプラットフォームは、安全性、信頼性、効率性を兼ね備えたシンプルなものであるため、WärtsiläやDHLのような企業にとって魅力的なものとなっています。Fetch Roboticsのソリューションは、迅速な導入と投資対効果の高さから、人間の労働者とロボットが協働し、生産性を大幅に向上させるユニークで説得力のある方法なのです。