Results with Fetch

70%

生産性の向上

3ヶ月

推定回収期間

Featured Fetch Solutions

CartConnect

TagSurveyor

▶︎お問い合わせはこちら

顧客を第一に考えながら運用を拡大

Framebridgeは、高成長を遂げているオンラインカスタムフレーム会社で、ケンタッキー州リッチモンドにある最先端の生産スタジオで顧客の需要に応えるために、製造業務を急速に拡大しています。 ワークフローを最適化するために、Framebridgeはフェッチ・ロボティクスのクラウド・ロボティクス・プラットフォームと自律走行ロボット(AMR)を導入することを決定しました。 それらはFramebridgeの100,000平方フィートの施設にオンデマンドの自動化を提供するための鍵となるものでした。

フェッチのソリューションにより、Framebridgeはさまざまな生産ステーション間のフレームコンポーネントの移動を自動化し、生産施設全体で新しい精度でフレームとアートを追跡することができました。 これらの運用上の改善は、顧客体験をより速く、よりシームレスにすることで、Framebridgeの顧客に直接的な利益をもたらしました。

ストーリー

Framebridgeは、カスタムフレーミングを簡単に、シームレスに、そして手頃な価格で実現するために、技術、物流、および社内生産を組み合わせることで、従来のフレーミングの経験を向上させることに成功してきました。 この革新的なアプローチにより、フレームブリッジは顧客の大幅な成長を経験しました。課題は、常に顧客アートの安全を第一に考え、ハンドメイドの商品を構築する品質と職人技を維持しながら、いかに操作をスケールアップし、より速い配達を行うかになりました。

フェッチを使ったオンデマンドの工場自動化を導入する前は、Framebridgeの作業員は手作業でエリアからエリアに材料を移動させなければならず、ステーション間を1日に40回も往復する必要がありました。 大規模な施設では、この無駄な動きが全体のオペレーションのボトルネックになることがあります。なぜなら、あるステーションでは別のエリアからの部品を待っていたり、別のステーションでは材料の配送担当者としてフロアを運営しているオペレータがいないためにアイドル状態になっている可能性があるからです。

印刷されたアートワークは、今ではフェッチのカートコネクトロボットによって自動的にピックアップされ、マット加工から額装、仕上げに至るまで自動でナビゲートされます。 額装が完了すると、アイテムは再びロボットによってピックアップされ、自律的に品質管理に移動してから、最終的に梱包・出荷エリアに到着します。 Framebridgeのビジネスのもう1つの重要な部分は、顧客から送信されたアートのフレーミングです。 これらの貴重な所持品は、卒業証書からキャンバスアート、家宝までさまざまです。

「私たちの顧客は、最も貴重でユニークで深く個人的なアイテムを託してくれるほど私たちを信頼しています。そのため、1つ1つのアイテムがどこにあるかをリアルタイムで確実に把握しています。」

スーザンティアン

フレームブリッジの創設者兼CEO

これらの貴重な品を保護し、追跡することは、Framebridgeのすべてのオペレーション上の意思決定の中核となります。 これらのアイテムを適切に追跡し、保護するために、Framebridgeはフェッチのタッグサーベイヤーロボットを選択し、広大な倉庫内で1日に数回、完全自動の実地棚卸をする事にしました。 Framebridgeは受け取った各アイテムにユニークなRFIDタグを付け、ロボットは25フィート先まで読み取ることができます。 タグサーベイヤーは、倉庫内の指定されたエリア内を自動運転し、位置ベースの座標をフェッチのクラウドソフトウェアに送信します。

結果:

フェッチとの提携により、Framebridgeは次のことを実現する事が出来ました。

  • 熟練した職人に部品などを移動するのではなく、フレーム作業に集中させます。
  • カスタム製品の生産に必要な職人技を維持しながら、運用効率を高めます。
  • 人間とロボットが効果的に協力し、並行して作業できるようにし、それぞれが全体的な顧客体験の向上に貢献することを可能にします。

顧客が所有する在庫の継続的なサイクルカウントを実行し、リアルタイムで顧客のアイテムを追跡し、工場内で部品、進行中の作業、および完成品を自律的に輸送することは、すべてフェッチの使命です。 世界初のクラウドロボットプラットフォームを使用して、どのような施設でも、どのような規模でも、どのようなペイロードでも、オンデマンドの自動化を提供します。