Results with Fetch

25%

生産性の向上

20%

操作コストの削減

Featured Fetch Solutions

Freight1500

HMIShelf AMR

TagSurveyor

▶︎お問い合わせはこちら

Fetchロボットの導入でスマート倉庫のカスタマイズ、柔軟性、拡張性を高める

商用フリート管理、専用輸送、サプライチェーンソリューションのリーダーである、ライダー・システム(Ryder System, Inc.)は、マイアミ、ダラス、およびシカゴにおけるRyderのスマート倉庫の変革を成功させるために、Fetch Roboticsとのパートナーシップを発表しました。

スマート化された倉庫は、フェッチのクラウドプラットフォームを使い、高度な自動化、柔軟で即時に拡張可能なオペレーション、またリアルタイムの可視性を備え、顧客中心主義のエクスペリエンスを提供しています。

「当社はモバイル性、柔軟性、拡張性に優れ、変化する需要に柔軟に対応できるテクノロジーに焦点を当てています。」

スティーブ・センシング

ライダー社 社長、グローバルサプライチェーンソリューション

人件費の上昇とデマンドの増加を先取りする取り組みの中で、Ryder社は最近、広範な市場調査を実施し、企業の目標である生産性、効率、収益性の向上に向けて前進できる、市場で最も革新的なテクノロジーを特定しました。

市場が提供するものを検討する初期の段階で、Ryder社は、無人搬送車(AGV)やコンベアベースのソリューションなどの従来の自動化は、究極の柔軟性に対するニーズを満たしていないことに気付きました。 どちらの場合も、大掛かりな固定インフラストラクチャーの設置、大量のフロアスペース、およびプロセスフローに対する材料変更が必要であり、コストと時間がかかります。

Ryder社が本当に求めていたのは、オンデマンドでの倉庫の自動化であり、数時間で稼働できる柔軟性と、スマート倉庫内の複数のワークフローを処理するための適応性でした。そこで彼らはフェッチのクラウドプラットフォームを採用しました。フェッチのクラウドプラットフォームは、簡単に導入できるだけでなく、Ryder社が必要としていた真の柔軟性を提供し、彼らのオペレーションの中で即座に生産性へ影響を与え、投資対効果を実証します。

ライダーは、複数の異なる現場に複数のタイプのフェッチAMRを導入しました。結果、サイクルカウントなどの反復的で労働集約的なタスクから倉庫従業員の負担を軽減し、オーダーピッキングまたは仕分け作業からの長距離移動を排除することに成功しました。

フェッチを使用した導入プロセスは非常にシンプルで迅速で、施設のマッピング、スタッフのトレーニング、ロボットの稼働は1日で完了しました。 Ryder社は、従業員、フォークリフトや電動パレットジャッキなどの伝統的なマテハン機器、それと今回導入したAMRが同じスペースで作業するアクティブな倉庫に展開したいと考えていました。しかしそこでは安全が最優先事項であり、そのためフェッチの安全認証が重要になりました。 対象となるワークフローはケースと各ピッキングで、HMIシェルフのAMRは1つのピックゾーンから別のピックゾーンに移動します。 完成したピッキングは、梱包エリアに配送されるか、出荷用トレーラーに積載するために出荷ドックに直接配送されています。

結果:

Ryderが管理する倉庫全体にロボットを導入したことで、倉庫内の移動時間が短縮されただけで生産性が25%向上し、20%の操作コストが節約されました。 Ryder社はまた、以下のような効果も得ています。:

  • MHE運用および在庫管理のためのリソースの削減
  • 在庫管理の精度と速度の向上
  • 固定されたマテリアルハンドリングソリューション(コンベアなど)と比較して柔軟性と拡張性が向上

Ryderは現在、フェッチAMRがピックした製品を出荷ソーターに直接配送する統合されたハイブリッド環境にフェッチのクラウドロボティクスプラットフォームを導入することを計画しています。パレタイズされた荷物はFetch Roboticsの重積載物用のAMRであるフレイト1500で搬送されます。 フェッチとの提携により、Ryderは、スマート倉庫の取り組みのためのモバイルロボティクスの基礎となる、非常にスケーラブルで柔軟性のあるプラットフォームベースのアプローチを実現しました。