返品にかかるコストを削減

Innovation Matrix のパートナー企業のFetch Robotics の記事です。eコマースで急増する返品のコストは、返品が容易にできる文化のアメリカの企業にとって無視できないコストとなっています。この返品を自律走行ロボットで自動化することにより、コストを削減するだけではなく、作業の効率化や従業員の労働環境の向上にも繋がっていきます。以下、記事を日本語訳しました。

元の記事 → https://fetchrobotics.com/fetch-robotics-blog/reducing-cost-returns-retail-robotics/

COVID-19の流行で加速したeコマースの継続的な増加は、オンラインで販売する商人のビジネスの活況を意味しますが、それは同時に返品数の劇的な増加をもたらします 。これは、返品商品を処理する必要がある倉庫などの施設にとってコスト高となる見通しです。

Statisticaによると、返品コストは、パンデミックによって発生したeコマースの急増以前にすでに今年5500億ドルに達すると推定されており、2017年の返品コスト3500億ドルから57%増加したことになります。eコマースの返品のほとんどは、返送料、処理、再入荷、再販売、その他の関連費用を含め、サプライヤーが負担しています。返品の受け取りと処理にかかる費用は、送料、再入荷、再販売(または廃棄)などのすべての費用を考慮すると、商品1点あたり10ドル以上かかることも珍しくありません。

このプロセスを自動化したサプライヤーは、コストの多くを削減すると同時に、従業員の安全な職場環境を維持することにも貢献します。

返品の流れ

返品の処理方法はECサイトによって多少異なりますが、一般的にはまず商品が入荷され、そこから検品・仕分けに移行します。箱やその他の梱包材は取り除かれ、リサイクルエリアに移動します。製品自体は、再入荷するか、修理または再生するか(再入荷)、リカーデーションエリアで販売するか、廃棄するかによって、処理後別々のエリアに移動されます。

各ステップは、不適切または非効率的に処理された場合、時間の損失、製品の損失の可能性(例えば、状態の良い製品が再入荷されずに清算に回される)、および追加コストを意味します。

返品プロセスの各ステップでは、あるエリアから次のエリアへ材料を移動させる必要があります。製品の移動を処理するには、いくつかの異なる方法があります。

人間の労働力 : 歴史的に、場所から場所への移動の多くは人間が行ってきました。しかし、eコマースの発展は、倉庫やその他の出荷/受取施設の増加を意味します。輸送時間やコストを削減するため、最新の施設は輸送拠点の近くに設置されています。しかし、これらの拠点は、すべての荷物の移動を処理するのに十分な労働力が必ずしも近くにあるとは限りません。

コンベヤーシステムの設置 : コンベヤーは製品の移動の多くを処理することができるが、設置に費用と時間がかかる。また、コンベヤーシステムは固定されているため、一度設置すると動かすのにコストがかかり、ワークフローの変化に柔軟に対応できない。例えば、サプライヤーが商品の修理と補充をやめて、その作業を第三者に委託することを選択した場合、修理から保管に商品を移動するコンベアシステムは廃棄されるか、高価なオプションである再構成されて、製品を検査/仕分けから直接出荷に移す必要があります。

自律走行ロボット(AMRs)

自律走行ロボット(AMR) は、様々なサイズや形状の製品をポイントからポイントへ移動させることができ、人間や設置されたコンベヤシステムと組み合わせて使用することで、より大きな効果を得ることができます。

返品作業の効率化は、さまざまな形で実現されています。その中でも特に以下の項目があります。

社会的距離を置くことができる : 製品・廃棄物の移動に自律走行ロボット(AMR) を使用することで、入出荷担当者間の接触を最小限に抑え、安全な社会的距離を保ちながら効率的な返送作業を行うことができます。一部の自律走行ロボット(AMR) ベンダーは、消毒可能な別個のカートに接続するロボットを用意しています。

ロボット機器を損傷させることなく また、手袋をしたままでも操作できるタッチスクリーンを搭載したロボットもあり、従業員は同僚の安全を確保しながら、選択式のワークフローを簡単に処理することができます。

返品コストの削減 Fetch Robotics AMRs

柔軟性の向上 : 自律走行ロボット(AMR) は、1つの商品または商品の入ったカートを地点から地点へ移動させたり、ある地点から複数の地点へ商品を移動させるために配置することができます。例えば、検査・仕分けのカートを自律走行ロボット(AMR) に搭載し、一回の移動で一部の商品を修理に、他の商品を補充に移動させたり、検査・仕分けと補充、検査・仕分けと修理の間で別の自律走行ロボット(AMR) を使用するなど、企業の状況に応じたワークフローを実現することが可能です。また、段ボールなどの廃棄物を検品・仕分けから廃棄に移す専用の自律走行ロボット(AMR) を設置することも可能です。異なるエリアへ移動させるための棚を備えた自律走行ロボット(AMR) や、廃棄する梱包材を移動させる大型ビンなど、タスクに応じたツールを搭載しています。

スケーラビリティの向上:一般的に、返品は休暇明けにピークを迎えるため、倉庫や施設管理者は返品の増加に合わせて迅速にスケーリングする方法を求めています。ロボティクス・アズ・ア・サービス(RaaS)モデルで導入すれば、返品作業におけるさまざまなマテリアルハンドリングのニーズに合わせて、自律走行ロボット(AMR) を迅速に導入することができます。また、必要に応じて、出荷などの他のエリアから入荷・返品にユニットを再配置したり、新しいユニットを追加したりすることもできます。新しい自律走行ロボット(AMR) は、各施設で非接触型ドロップオフを使用して、複数の施設に同時に配備することができます。サプライヤーが各施設に出向き、セットアップや配置を行う必要はありません。同様に、プログラムのアップグレードも、一度に全施設の全ユニットに同時に展開することが可能です。

作業効率を最大化 : 梱包材から廃棄・ダンボールへの移動など、製品の移動に自律走行ロボット(AMR) を採用することで、作業者は仕分け・検品に集中することができるようになりました。移動と仕分け・検品に時間を割かれることなく、検品と仕分けに集中することで、ミスを減らし、品質管理を向上させることができます。

従業員の安全性向上 : 資材や資材を積んだ台車を移動させる必要があるため、筋緊張やその他の怪我のリスクが高まります。モバイルロボット(AMR) を導入することで、作業者の動きを制限することができ、職場の安全性と効率性を高めることができます。

結論

効率的な返品処理は、倉庫やその他の出荷/受取業務において、人手による非効率な作業からワークフローの設計不良による追加費用まで、返品にかかるコストを抑制するために不可欠です。さらに、返品業務では、増加する返品を処理する一方で、健全な社会的距離を維持する必要があります。自動化は、たとえ静的なものであっても、返品処理にかかるコストを削減する多くのメリットを提供します。自律走行ロボット(AMR) は、静的な自動化よりもさらに多くのメリットを提供します。例えば、企業が返品業務において最もニーズに合ったワークフローを使用できる柔軟性、社会的距離と消毒を最大化する能力、従業員の安全性の向上などが挙げられます。

Fetch Roboticsの詳細はこちら