inVia Robotics 2021年「読者が選ぶプロダクト・オブ・ザ・イヤー」にノミネート

Innovation Matrix のパートナー企業である inVia Robotics の inVia PickerWall と inVia Pickerロボットが Webニュースを配信するMaterial Handling24/7 内で、2021年「読者が選ぶプロダクト・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされました。この賞は、重機、ストレージ、ロボットなど14のカテゴリーにまたがる製造業、流通センター、倉庫内のマテリアルハンドリングと機器の進歩を評価するものです。

同ページで、inVia Pickerwall と inVia Pickerロボットの優位性が紹介されていますので要約いたします。

Material Handling24/7の記事はこちら→ https://www.materialhandling247.com/product/invia_robotics_picker_wall_and_autonomous_mobile_robots/robotics

inVia Roboticsで紹介されている記事はこちら→ https://www.inviarobotics.com/blog/invia-robotics-nominated-for-readers-choice-products-of-the-year-award-for-2021/

inVia PickerWall : 仕分けと梱包の準備が整った注文品でシフトをスタート

AIとロボティクスを活用してEC倉庫の受注処理プロセスを改善するinViaのシステムは、ロボティクス「モバイル」部門にノミネートされました。同システムは、フルフィルメント業務を最適化し、オーダーピッキングの効率を最大化することが評価されています。inVia PickerWall は、inVia Picker ロボットがその日の注文品で構築するダイナミックな壁です。ロボットは独立して作業し、商品を取り出し、倉庫作業員が素早くピッキング、スキャン、仕分けして梱包し、顧客に出荷できるよう壁に設置します。倉庫作業員がシフトを開始すると、その日に発注された商品が壁際で待機しています。倉庫作業員は、InVia Picker Wallから各SKUの注文数量を取り出し、梱包して顧客に出荷するための注文に仕分けるだけです。その結果、労働力の利用率が向上し、フルフィルメントタイムの短縮と顧客の満足につながるのです。

このシステムは、ロボットと人間の依存関係をなくし、共生的なコラボレーションを促進するものです。inVia Pickerロボットは24時間稼働し、夜間に発注した商品を翌日のシフト開始時にピッキングすることができます。このシステムにより、作業者は他の倉庫作業をより自由に回転させることができ、ピッキング時間や倉庫内を歩き回る時間が短縮されます。ピッキングのスピードが上がり、お客様にも喜ばれています。

inVia のミッションは、繰り返しの多い作業を自動化することで、人々がその時間を取り戻し、より充実した方法で使用できるようにすることです。倉庫はこのような作業でいっぱいでした。そこで彼らは、自律走行型ロボットをeコマースの注文をこなす誰もが経済的に利用できるようにした最初のシステムを開発し、自動化のメリットを大衆に提供したのです。

inVia Robotics の自動化ソリューション詳細についてはこちら