現代の倉庫のための自律的なソリューション−自動化とAIの6つのフェーズ−

Innovation Matrix とパートナーシップを結ぶ、inVia RoboticsのCEO Lior Elazary氏が、将来の倉庫の未来像に対して自動化とAIの観点から6つのフェーズの提案を、Supply & Demand Chain Executiveに寄稿しています。Elazary氏は”消灯”された倉庫を究極の自動化された倉庫とし、フォークリフトの遠隔操作化や問題が発生した際のシステムの自己回復を実現しています。inVia Robotics の目指す倉庫自動化の未来が見える面白い記事となっています。以下、記事を日本語訳しました。

元の記事はこちら→https://www.sdcexec.com/software-technology/robotics/article/21772195/invia-robotics-autonomous-solutions-for-the-modern-warehouse

倉庫自動化への道は、誰もが自分のペースで進み、既存の従業員やビジネスの成長をサポートするための適切なテクノロジーを見つけることができます。

世界的なパンデミック、e-commerceブーム、国家的な労働危機のピーク時に、倉庫とその労働力は大きな打撃を受けました。パンデミックの影響で、従業員の3人に1人がフルタイムで現場にいなければならない仕事をしたくないと考えています。1日に5〜10マイル歩くのに疲れ、退行性筋骨格系損傷などの健康問題に悩まされている労働者を、倉庫管理者は確保するのに苦労しています。

改革が必要なのは明らかですが、ありがたいことに、業界は正しい方向に向かっています。製造、倉庫、フルフィルメントなど、あらゆるタイプの倉庫が自動化への道を歩んでいます。自動化されていない倉庫にとって、問題は “もしも “ではなく “いつ?”です。最終的には、”lights out warehouses(消灯された倉庫) “と呼ばれるオペレーションで、すべての作業を遠隔で自動化できるようになることを目指しています。このモデルでは、ロボットがすべての暗黙的な反復作業を行い、人間はより複雑で問題解決能力の高いスキルセットを提供することで、これらの作業を監督します。

lights out warehouses(消灯された倉庫)にたどり着くまでの道のりは、ほぼすべての企業で異なります。進むスピードも違えば、飛躍的に進歩する企業もあるでしょう。

ここでは、自動化パスの最初から始めて、フルフィルメント倉庫がプロセスを開始する際に通過する主な段階を見てみましょう。

一切の自動化がされていない倉庫ーここで自動化は行われていません。すべての作業は、鉛筆と紙を使って、最も基本的なレベルで手動で行われます。在庫を管理するために限定的な倉庫管理システム(WMS)が導入されている可能性はありますが、すべての資材の取り扱いは補助なしに人の手で行われます。従業員はシフトの大半を、長距離を歩いたり、重いカートを押したりして、受注処理の一環として在庫をピックアップすることに費やさなければいけません。従来の業界の常識では、80%の倉庫が、効率化を実現するための自動化を行わずに、このモードで運営されていると言われています。

補助付き倉庫ー自動化されていない段階では、同じスタッフが同じマテリアルハンドリングタスクを行いますが、インテリジェントなガイダンスの恩恵を受けることができます。より効率的な動きを計算するソフトウェアによって、スタッフは移動経路やタスクの順序を指示されます。どこに行けばいいのか、何を選べばいいのか、具体的な指示が与えられます。

ソフトウェアが指示を計算し、従業員はピック・トゥ・ライト、ピック・トゥ・ボイス、ピック・トゥ・カラーのツールを使って誘導されます。在庫が戦略的に配置されることで効率化が図られ、従業員は倉庫内の移動に無駄な時間を費やさなくて済むようになりました。ただし、従業員がかなりの量を歩く必要があることに変わりはありません。

拡張された倉庫ー拡張された倉庫では、必要な人の数を減らすことができます。補助倉庫で追加された効率性の向上は、一部のフルフィルメント作業を行うためにロボットを使用することで後押しされます。ここでは、施設内で注文カートを転がす作業を自動化できる自律走行型ロボット(AMR)が導入されます。

従業員が倉庫内で商品をピッキングしたり配置したりするためには、依然として経路をたどる必要がありますが、ロボットが彼らを誘導し、商品を運んでくれるのです。これにより、経路計画の効率化が図られるとともに、重いオーダーカートを引っ張って移動する必要がなくなり、人の身体的負担が軽減されます。

ウォークレス倉庫ーここでは、ロボットが遠隔地での作業の多くを担うことができ、商品の完全自動化された出入庫などが可能です。従業員は、ロボットが回収した商品の仕分けや梱包に集中できるため、より生産性が向上します。人はもはや通路を歩くことに何時間も費やすことはありません。このような作業は、補助なし、補助あり、拡張ありの倉庫では、通常シフトの50%を占めるものです。

ロボットが大量のSKUを持ってきて、人に指示して注文に必要な数の商品を選んでもらう。ロボットには難しい商品の細かい操作は、引き続き人が行います。これにより、従業員の身体的負担が大幅に軽減され、精度も向上します。商品の出し入れをロボットに任せることで、ヒューマンエラーの機会を減らすことができます。

タッチレス倉庫ータッチレス倉庫では、自動化システムが統合され、作業の幅が広がります。例えば、AMRがバルク品を取り出してロボットアームに渡し、ロボットアームが細かい操作を行い、製品をベルトコンベアに乗せてラインの末端に運ぶといったことが可能です。これにより、ピッキングや棚入れの際に人が歩いたり、製品に触れたりする必要がなくなります。

また、自動化装置の中を人が歩いて作業する必要もありません。最終的なパックアウトへの引き渡しがあるだけです。人は、より多くの意思決定を必要とする仕事対反復的で物理的な作業を行うことができ、ロボットは機械の精度で反復的で物理的な作業を行い、人為的なミスから生じるミスをなくすことができるのです。

自己完結型、あるいは “消灯”倉庫ーこれは遠い未来の話ですが、”消灯 “倉庫は究極の倉庫自動化のレベルを象徴しています。複数の自動化システムが統合されて1つのシステムとして機能し、倉庫全体で継続的な商品の流れを作ることができます。インバウンド、リバース・ロジスティクス、アウトバウンド・オーダー、そしてその間のすべてのポイントで、機械がすべての動きを正確に実行します。自動化されたシステムはノンストップで稼働し、シフトやトレーニング、労働力の配分や管理などは必要ありません。

自己完結型の倉庫では、現場でのオペレーターが不要になります。例えば、これまでフォークリフトを運転していた人が、自宅にいながらにしてフォークリフトを遠隔操作できるようになります。モバイルでのアクセスと視認性が確保されているので、必要に応じて監視し、行動を起こすことができます。

ほとんどのタスクは自律的に実行され、これらのシステムは自己修正と自己回復を行います。問題が発生した場合、ソフトウェアとその上で動く機械は、人間の指示なしに問題を特定し、改善策を実行することができます。システムは十分な知能を備えて設計されており、問題の評価と解決のために参照できるデータセットを持っています。

これらの倉庫は、管理者の役割も変えてしまうでしょう。雇用、トレーニング、派遣社員の管理、仕事の割り当て、ボトルネックの解消、問題の解決など、人事の問題に追われることはなくなります。マネージャーはオペレーションを監督するだけで、施設にいる必要はないので、どこにいてもできます。理想的には、インターネットに接続できる環境があれば、ビーチにいても、家族と過ごしていても構いません。

このように、倉庫の自動化には明るい未来が待っています。ここ数年の革新的な技術により、企業は多くの選択肢の中から計画を立てることができるようになりました。このような柔軟性のおかげで、誰もが自分のペースで動き、既存の従業員やビジネスの成長をサポートするための適切なテクノロジーを見つけることができるのです。

inVia Roboticsの詳細はこちら