2022年製造業のトレンド8選

情報技術および産業用メンテナンスサービスを提供して30年のAdvanced Technology Services, Inc. (ATS)が掲げる『2022年製造業のトレンド8選』の記事を日本語訳しました。

元記事→https://www.advancedtech.com/blog/manufacturing-trends/

製造業は、プロセスの改善や効率を向上させることに絶えず取り組んでいます。2022年に予測される製造業トレンドは、いずれもこうした恒常的な目標に関連することが予想されます。またこれらに加え、製造業界のトレンドは、技術の進歩、市場のニーズ、事業の目標によって大きく左右されるでしょう。

2022年も終わりに差し掛かってきましたが、COVID-19の大流行が製造業に影響を及ぼし続けているため、2021年のトレンドも一部引きついでいることは確かです。しかしその先には全く新しい課題と機会が待ち受けています。ビジネスの俊敏性から労働者の安全性、そして「ニューノーマル」かもしれないものへの適応という現実まで、2022年の製造業のトレンドは、多くの点で近年のユニークな課題への対応となることでしょう。テクノロジー、コネクティビティ、オートメーションの強化は、これから数年かけて取り組むべき課題となるでしょう。

1, スマートファクトリー

2022年、工場や製造施設はスマートファクトリー導入の転換期を迎えています。スマート機器を小さく導入し始め、データ分析や機械と監視ツール間の通信を活用した、より本格的なシステムへと移行することが予想されています。ではなぜこれらが起こるのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。

  • 古くに導入された機械が廃止されるにつれて、新しく導入される機械にはセンサーやモニタリングツールが搭載されるようになりました。
  • スマートテクノロジーの導入により、競合他社に遅れをとらないようにするため、より最新の機械を取り入れる企業が増えています。

アフターマーケット・センサーやその他のスマート・ファクトリー・ソフトウェアや機器のコストは年々下がり続けています。それに加え、より積極的で効果的なメンテナンス、プロセス効率の向上、全体的な運用コストの削減といったメリットがますます明らかになってきています。

2, カーボンニュートラルやサステイナブルへの注目

ESG(環境、社会、ガバナンス)の問題が社会的に注目されるにつれて、持続可能なプロセスの重要性とカーボンニュートラルの追求がより顕著になることでしょう。政府、自治体、機関との契約における持続可能性の要件に加え、メーカーは商業顧客からもESGの要件を求められるようになると予想されます。

3, サプライチェーンの見直し

2020年にCOVID-19により起きた、世界的なサプライチェーンの混乱は、2021年にも影響を残しました。ほぼすべての施設やビジネスにとって現状がいかに不安定であったかを知らしめた。

したがって、2022年もサプライチェーンは重要な位置を占め、施設は価値を維持しながら柔軟性と信頼性を高めるための方法を模索していることは当然の流れでしょう。

データを用いることは、そのような手段の一つであり、データドリブンの在庫管理は、これまで知られていなかったサプライチェーンの効率性を特定する効果的な方法です。メーカーはデータを活用することで、予測不可能な状況が続く混乱を最小限に抑えるよう取り組んでいます。

4, リショアリングの重要性

COVIDの流行が始まる前、リショアリングは業界の高い目標として注目され始めていました。

2020年と2021年には、自国により近い場所でビジネスを行うことの重要性が浮き彫りになり、リショアリングは単なる流行語ではなく、ビジネスを継続するための大きな手段となりました。

2022年には、リショアリングはより必要とされるサプライチェーンソリューションとして定着し、一時的な課題への対応から、メーカーにとってより一般的な対応策となることでしょう。

5, 従業員の働く環境への配慮

従業員の安全に働ける環境は、常に会社にとっての関心事であり、「トレンド」というよりも、日々の課題と捉えられることが多いです。

従業員の位置や動き、温度などを監視するために、より高度な機器を採用する施設もあるようです。

6, データドリブンのメンテナンス

センサー、遠隔監視、コネクテッド・デバイス、IoT(Internet of Things)は、ここ数年トレンドリストに登場し、今年もそのトレンドは続いています。

センサーがより一般的になり続け、通信はさらに高速で信頼性が高くなり、メーカーは予知保全などを推進するためにデータをより効果的に利用する方法を刷新し続けています。2020年、2021年に多くの施設が直面し、2022年も引き続き直面する可能性がある財政難を考えると、より効果的、効率的なメンテナンスは極めて重要です。

予知保全は予定外のダウンタイムを大幅に削減できるため、費用対効果を考えても導入を検討されることがとても多いです。

7, バーチャルプロセスへの依存度向上

デジタルツイン、機械学習、AI(人工知能)、AR、VR(拡張現実と仮想現実)などのテクノロジーは、遠隔監視、サービス、機器操作などを可能にし、様々な課題解決に役立っています。

リアルタイムに近い通信と、オペレーターが機械と一緒に部屋にいるようなコンピューティングパワーを持つ仮想・遠隔操作は、アクセス、柔軟性、安全性を可能にする製造プロセスの他の最近のトレンドとうまくマッチしていると言えます。

8, 労働人口の減少への対応

パンデミックの現実と製造業を取り巻く既存のトレンドは、企業がスキルギャップと労働力不足にこれまで以上に迅速に対処しなければならないことです。

製品の需要が伸び続ける中、製造業はこれらのニーズを満たすために生産能力と処理能力を向上させなければなりません。

そのためには、すべてのプロセスを全て評価し、労働者をサポートする方法を特定すると同時に、スキルギャップを解消し、今日のニーズに対応した最先端の技術トレーニングを提供することが必要となります。

Innovation Matrixが提供する製造業へのソリューション

産業用ロボットのエラーリカバリーソフト

従業員の身体を労働から守る外骨格アシストスーツ