配送センター・ディストリビューション

納期の短縮と人手不足が顕著な配送センターの課題

単一チャネルに特化した施設は効率的な運営が可能ですが、Eコマースや消費者直販チャネルの増加に伴い、企業はフルケースピッキング用に設計された施設を個別のオーダーピッキングやバッチピッキングに対応させる方法を模索しています。 小売店への補充、卸売、Eコマースのすべてを一つの施設で行うことで、施設や人材を有効活用し、全体的な在庫レベルを下げることができます。

オムニチャネルへの移行

オムニチャネルの流通環境では、企業は次の成長の波がどのチャネルから来るのか分からないことがほとんどです。COVIDの前は、小売店80%、Eコマース20%というオーダーミックスは理にかなっていましたが、パンデミックによってEコマースに大きく変化しました。COVIDが沈静化した今、オーダーミックスは少しでも小売店に戻るでしょうか?
流通オペレーションは、チャネルやオーダープロファイルに関わらず、変化する需要に対応できるよう、最大限の柔軟性と拡張性を持って設計されなければなりません。

自律走行ロボット(AMR) で物流オペレーションを最適化

自律走行ロボット(AMR) は、非常に柔軟で拡張性があり、コンベア、ASRS、ソートシステムなどの他の固定された自動化システムと統合することができるため、配送センターに最適な自動化の形態です。Fetchの自律走行ロボット(AMR) は、1つのシステムで離散的なオーダーピッキング、バッチピッキング、ケースピッキング等に使用できるというユニークな製品です。Fetchの幅広いAMRのポートフォリオは、1つの大小の様々なサイズのアイテムを扱うことができます。

配送センターのソリューション例

ピースピッキング

Fetch Roboticsのソリューションは、ロボット、カート、トートなどのピックを可能にし、センターの生産性を向上させます。

補充

Fetch Roboticsの自律走行ロボット(AMR) を使って、前方のピックエリアに自動的に補充し、ドック・ツー・ストックの時間を短縮します。

ゴミ捨て&リサイクル

自律走行ロボット(AMR) は、ダンネージやリサイクル品を取り除くことで、倉庫の容量を確保し、エリアを整理整頓することができます。

自律走行ロボット ラインナップ

Virtual Conveyor/バーチャルコンベヤー

倉庫や工場、流通センターなどの様々な施設で、形状やサイズの違う商品や材料を施設内で自動輸送します。従来の人による移動時間が節約され、従業員はより高度な作業に時間を割くことができます。

お問い合わせ

詳しいお問い合わせはこちら