工場・製造現場

工場・製造業は大きな変革の時を迎えている

慢性的な労働力不足は、何年も前から工場・製造業を悩ませていますが、実際には終わりが見えません。新型コロナウィルスは、既存の労働力の可用性を低下させることで短期的にこの問題を悪化させただけでなく、製造業が製造業務とそれに対応するサプライチェーンを再構築することで、業務にさらなる弾力性と柔軟性を必要としていることから、長期的にもこの問題を悪化させることになりました。

リーン生産方式の導入

少ない人数でのオペレーションに備えて、メーカーは価値のない作業の排除、製造プロセス内での引き込みの確立、製造プロセスのステップ間の流れの構築など、リーン生産方式の価値の多くを取り入れる必要があります。 これによりメーカーは、輸送、動作、待ち時間、スキルなどのリーン生産方式の無駄を取り除くことができます。

自律走行ロボット(AMR)は製造業のオペレーションを柔軟性、適応性、拡張性に富んだものにしてくれる

自動化、特に自律走行ロボット(AMR)は、製造プロセスから無駄を取り除くことで、リーン生産方式の導入を支援します。 自律走行ロボット(AMR)を単独で導入してもリーン生産方式を支援することはできますが、真価を発揮するのは、スマートファクトリーやインダストリー4.0の一環として自律走行ロボット(AMR)を導入する場合です。自律走行ロボット(AMR)を導入すると、センサー、機械、自律走行ロボット(AMR)、製造システムが接続され、インターネットベースの標準プロトコルを使用して相互に作用するようになります。

生産プロセスの最適化

自律走行ロボット(AMR)は、生産プロセスを最適化し、完全に統合された自律走行ロボット(AMR)を活用することで、プロセス間の流れを作り、価値のない作業の排除し、製造システムとのプルベースの統合を実現します。その結果、今日の孤立した製造セルは、完全に自動化された統合生産ラインに取って代わられ、メーカーはより高品質な製品を低コストで生産できるようになります

製造現場・工場でのソリューション例

自律走行ロボット(AMR)による作業間の材料輸送

自律走行ロボット(AMR) は、生産ラインやワークセル間での仕掛品の搬送を自動化することができ、さまざまな生産段階で生産されたサブアセンブリも含まれます。製品が組立工程で進行すると、テストや品質管理エリアに搬送され、欠陥があれば自律走行ロボット(AMR) によって修理やラインに戻されます。完成品はパックアウトに運ばれ、保管場所に送られたり、直接出荷されたりします。AMRはまた、フロアストック材料のオンデマンド補充をサポートし、廃棄物を生産エリア外に輸送して、ステージングエリアにゴミやリサイクル品がないようにすることもできます。

ラインサイドデリバリー

自律走行ロボット(AMR)を使って、原材料やキッティングされた材料を生産ラインに自動的に供給したり、生産エリア間でWIPを搬送したりすることができます。

ワークセルデリバリー

自律走行ロボット(AMR)は、セル生産体制の中で、必要に応じて部品やパーツ、キットをワークステーションに運んだり、サブアセンブリをステーション間で配送したりすることができます。

ゴミ捨て&リサイクル

自律走行ロボット(AMR)は、生産エリアから廃棄物やリサイクル品、ゴミなどを取り除き、生産能力を確保してラインを整理整頓することで、5Sの取り組みを支援しています。

自律走行ロボット ラインナップ

Virtual Conveyor/バーチャルコンベヤー

倉庫や工場、流通センターなどの様々な施設で、形状やサイズの違う商品や材料を施設内で自動輸送します。従来の人による移動時間が節約され、従業員はより高度な作業に時間を割くことができます。

お問い合わせ

詳しいお問い合わせはこちら