リサーチロボット – Fetch(フェッチ)&Freight(フレイト)

世界最先端のロボット研究を

Fetch Mobile ManipulatorとFreight Mobile Robot Baseは、世界中の研究者が共同で研究を分担するための共通のロボットプラットフォームを提供します。 Fetch Roboticsの研究プラットフォームは、共通の使いやすさと親しみやすさを最大限に発揮するために、Robot Operating Systems(ROS)と連携するように設計されています。
 

Fetch リサーチモデル

フェッチのリサーチモデルで未来のロボット学習を加速

Fetch Roboticsの「Fetch」は人間・ロボット共生・共存環境を意識したコラボレーション・ロボットです。最大6Kgのパーツを搬送できる流通業向けの仕分けロボットです。走行ベース以外に7自由度を持つ、多様な動きが可能なロボットです。また、研究用の自律・自走開発用プラットフォームとしてもご利用いただけます。

Fetch
Freight

Freight リサーチモデル

フェッチのフレイトで自律的なモバイルロボット開発を

Fetch Roboticsの「Freight」は可搬自走ロボットです。人に追従する機能なども備えています。「Fetch」と「Freight」のペアで、 「Fetch」が棚よりピックした品を「Freight」上のトレイにおき、キッティングするペアとしてご利用いただけます。また、「Freight」には人に追従する機能なども備えており、人間が在庫棚から注文リストから品をピックし、「Freight」の装備されたトレイに入れていきます。注文リストのピックが完了した時点で、「Freight」はプログラムされた所定の位置に自律的に戻り、作業者によって空っぽにされた後、次の注文の手伝いを始めるための追従を始めます。

Willow Garage と ROS

Fetch RoboticsのCEOであるMelonee Wiseは、有名なロボット研究所であるWillow Garageの2番目の社員として、ROS(Robot Operating System)やPR2ロボット、Turtlebotの開発に携わりました。これらの製品は、発売以来、ロボット工学の研究開発に用いられる標準的なツールとなっています。

メロニーをはじめとするウィローガレージの卒業生が登場するレッドハットの5回シリーズ「How to Start a Robot Revolution(ロボット革命の起こし方)」の第1回目では、ROSの起源と誕生について詳しく紹介しています。

お問い合わせ

こちらから