2021年に期待すべき5つの製造業のトレンド

2021年も10月を目前に控え、残すところ3ヶ月まで来てしまいました。まだまだ、コロナにより通常の生活に戻ることの難しい今年一年の中で、製造業が新たに直面しているトレンドはどんなものがあるのでしょうか。Web記事を発信している Robotics & Automationでは、”2021年に期待すべき5つの製造業のトレンド” と題し、この難しい時代を切り抜けるため製造業で注目すべき5つのトレンドを記事にしています。以下、日本語訳しました。

元の記事→ https://roboticsandautomationnews.com/2021/09/07/5-manufacturing-trends-to-look-forward-to-in-2021/46150/

この1年は、製造業全体での抜本的かつ迅速な変化の必要性が浮き彫りになりました。製造業は、パンデミックによって加速して進化したいくつかの課題に直面しています。

効率と生産性を向上させるために、2021年に期待すべき5つの製造業のトレンドをご紹介します。

引き続きIoTの開発に注力

IoT(インターネットオブシングス)は、その適応性と破壊的な性質から、製造業における流行語となっています。企業や設備のデジタル化が進む中で、IoTはさまざまな形で企業に貢献します。

例えば、デジタルデータの収集、管理、分析を行うことで、全体的な時間とコストの効率化を図ることができます。このような技術により、作業員は機械の動作や問題点をデジタルで調査・分析することができ、現場に足を踏み入れる前に解決策を見つけて実行することが可能になります。

従業員の安全性を重視した設計

これまでも業界では重要なテーマとして取り上げられてきましたが、今回のパンデミックを機に、従業員の安全性が改めて議論されるようになりました。業界が再びオープンになるにつれ、従業員を守るためのいくつかの新しいソリューションや対策を採用する必要があります。

既存の健康対策に加えて、社会的な距離を置くこと、効果的なワクチンの配布、接触者の追跡、工場内の訪問者の制限など、すべての従業員の健康と幸福を確保するために実施できるいくつかのステップがあります。

スマートな生産フロアの導入

COVID-19のパンデミックによってメーカーにかかるプレッシャーを軽減するために、さまざまな生産プロセスの自動化をサポートする技術が開発されています。

このような対策を採用することで、パンデミックがもたらす課題の解決に役立つことが証明されています。遠隔地のワークスペースを支援するIoT以外にも、分析や意思決定にビッグデータを活用することもその一つです。

また、3Dプリンティングは、試作や治具・水平器・金型などの機構の作成など、手間と時間のかかる作業をスピードアップするためのソリューションです。

e-commerceの活発化

パンデミックの影響で、e-commerceやオンラインショッピングが盛んになっています。データによると、2021年には世界のデジタルバイヤーは21億4,000万人近くになると言われています。

これだけ消費者が増えれば、Eコマースの売上も急上昇し、今後も安定したペースで成長すると予想されます。このような状況下、企業はB2Bモデルではなく、B2Cモデルへの移行を模索し、成長するトレンドを利用する必要があります。

事前に予測する保全

修理、ダウンタイム、生産性の低下など、些細な問題であっても、それには莫大な費用がかかることは周知の事実です。

機械の監視機能の向上からアラートの生成まで、メーカーは労働力の生産性を最適化し、コストを削減し、収益を向上させるために、より優れた信頼性の高い予防保守戦略を採用し続けるでしょう。

刻々と変化する業界の性質を考慮すると、企業は最新のトレンドを把握して複雑な状況を乗り切り、収益を向上させ、最終的には持続的な成長につなげる必要があります。

イノベーション・マトリックスでは、上記のトレンドに沿ったソリューションを実現する様々なロボットを扱っています。

労働現場で人間の社会的距離を保つことやe-commerceの現場に必要不可欠な自律走行ロボット(AMR)

Fetch Robotics の詳細はこちら
inVia Robotics の詳細はこちら

作業者の安全や体の負担を軽減する外骨格アシストスーツ

SuitXの詳細はこちら