自律走行型の物流ロボットによる倉庫内の商品搬送の自動化

人手不足の物流業界及び製造業では、倉庫の自動化が急務です。

弊社取り扱いの自律走行の自動搬送ロボット(AMR)が、商品棚へ出向いて人間によるピッキング作業と協調して、棚から出荷梱包のエリアなど指定場所へ商品を搬送します。搬送をロボット化することで、人的労働の省力化、効率化が可能となります。また、ロボットに自律ナビーゲーション機能を搭載しているため、従来のコンベアシステムやAGVのような固定設備が必要なく、レイアウトやプロセスが変わっても簡単に順応します。

物流ロボット導入イメージ

主な製品

カートコネクト

施設内のあらゆるロケーションで自律的にカートをピックアップ&ドロップオフ

カートコネクトは、倉庫内で自律的にカートをピックアップ&ドロップオフできます。複数のセンサーにより、障害物や人を自動で検知し、安全かつ効率的に場所間を移動するので、人・フォークリフト・およびその他の運搬機器と一緒に安全に作業できます。

HMIシェルフ

わずか数時間で導入可能!タッチパネルスクリーンで直感的に操作できる自律走行ロボット

タッチスクリーンと棚(シェルフ)をフレイトに組み合わせた「HMIシェルフ」は、荷物を荷積み場所から荷下ろし場所まで動かしたり、パーツ部品をキッティングエリアから組み立てラインまで搬送したりすることに適しており、バーチャルコンベアの役割を果たします。

ローラートップ

既存のコンベア環境に柔軟に対応 コンベア間のギャップを自律的に埋めます

コンベアシステムは、長年にわたって産業界の業務効率を劇的に向上させてきました。しかし、コンベアシステムのように固定された設備は、今日の常に変化する商品配送の世界でその変化へ常に適応していかなければならず大変な努力を強いられます。フェッチロボティクスのローラートップソリューションは、今日のコンベア環境にあった適応性と自動化レベルを向上していきます。

お問い合わせ

こちらから