SuitXがシボレー・ニューロード誌の外骨格特集に掲載されています!

この度、SuitXがシボレー・ニューロード誌の外骨格特集・Human + TecnologyというテーマにSuitXが紹介されています。以下、誌面の一部を抜粋し、翻訳しました。

元記事→https://www.chevrolet.com/new-roads/innovation/human+-vehicle-technology

人間の外骨格アシストスーツという概念は、まるで漫画のページから飛び出してきたような装置に見えます。これらの人間工学に基づいた装置は、機能的にも視覚的にもこのジャンルの最も印象的な例の一つです。SuitXと呼ばれる会社は、本物を市場に送り出すことに成功しました。SuitXのモジュールは、負傷のリスクが高い特定の筋肉群の強化された能力を着用者に与え、労働者がより安全に従来のタスクを実行できるようにし、一般的にはより長い時間、より多くの作業を行うことを可能にします。


基本的なコンセプトは、人間の体に外骨格をフィットさせ、最高の負荷をサポートする重要な部分を強化することです。モジュラー・アジャイルeXoskeleton (MAX)システムは、肩、背中、および脚のための独立したユニットで、人間の関節と並行して動作するスプリングとクラッチを使用し、重量物を持ち上げる作業に必要な筋肉の活動を60%も減らしながら、余分な強度を提供します。これは疲労を減少させていることを意味し、特に背中、膝、肩の怪我を減らすのに役立ちます。


フルスーツXアレイを着用していても、車を持ち上げることはできませんが、50ポンドのコンクリートの袋をパレットから袋を次々と移動させている場合は特に、より簡単に拾うことができます。このシステムは、足場の上など頭上で作業する場合や、常に曲げたり持ち上げたりする必要がある場合に、さらに優れた能力を発揮します。


SuitXの商用アプリケーションの可能性はほぼ無限です。空港での荷物運び、物流倉庫での作業員、組み立てラインでの作業員など、この技術は大きな可能性を秘めています。

シボレーの車やトラックを作るために、SuitXの大きな筋力とグリップ力の向上を組み合わせることを想像してみてください。ゼネラルモーターズとシボレーのイニシアチブは、宇宙で使用するために開発されたロボット技術を、地球上の人々のためのツールに変えました。この手袋の技術は、スウェーデンの医療技術企業である Bioservo Technologies AB が開発した Soft Extra Muscle 技術と組み合わされました。Bioservo はこのコンセプトをさらに発展させ、Ironhand という名前で商品化しました。Ironhand の電池駆動アクチュエーターは、着用者に複雑な作業を行う際の器用さを提供し、強度を大幅に向上させます。

Chevy New Roads Magazineより

自動車の試作施設でテストしたところ、このグローブは15~20ポンドの力を確実に発揮し、短時間で50ポンドの力を発揮しました。強度の向上は、作業者の筋肉の負担を軽減し、生産性を向上させます。

アイアンハンドの開発者は、シボレーの組立ラインでの効率を高めるだけでなく、建設業や倉庫業、身体的なリハビリテーションにも実用的な用途があると考えています。アイアンハンドは、機能的で実用的なHuman+外骨格に向けたもう一つの大きな一歩です。

●自動車工場で活躍しているSuitX