Zebra Technologies が Fetch Robotics を吸収合併

先週の金曜日(アメリカ時間)にアメリカ上場企業であるZebra Technologies(ゼブラ・テクノロジーズ)によるFetch Robotics (フェッチ・ロボティクス)社の吸収合併の趣意書が交わされたというニュースが両社より発表されました。今後の事業詳細に関しましては、現在、両社間で調整中との事ですので、新情報が入りしだい、随時アップしてまいります。


以下、プレスリリース記事を日本語訳しました。原文はこちら

(日本語訳)

イリノイ州リンカーンシャーおよびカリフォルニア州サンノゼ – 2021年7月1日 – パフォーマンス・エッジを提供するソリューションとパートナーを持ち、ビジネスの最前線で革新を続けるゼブラ・テクノロジーズ(NASDAQ: ZBRA)は、本日、オンデマンド・オートメーションのパイオニアであるフェッチ・ロボティクスを買収する意向であることを発表しました。フェッチ社の自律走行ロボット(AMR)は、フルフィルメントセンターや配送センターでの最適なピッキング、製造施設でのジャストインタイムの資材配送、あらゆる施設での手動による資材移動の自動化に使用されています。

Fetchは、業界最大のAMRのポートフォリオを備えており、設備やインフラを変更することなく、倉庫や製造システムとのシームレスな統合を提供します。Fetchのドラッグ・アンド・ドロップ式のワークフロー開発スタジオであるWorkflow Builderは、お客様やパートナーが自動化されたマテリアル・ハンドリング・ワークフローを数ヶ月ではなく数時間で展開できるように、すぐに使える自動化を可能にします。フェッチ・ロボティクスのAMRは、フルフィルメント、流通、製造の現場で人と一緒に働きながら、スループット、効率、生産性を向上させることで、労働力不足の影響を軽減します。

ゼブラ・テクノロジーズの最高経営責任者であるアンダース・グスタフソン氏は、「フェッチ・ロボティクスの買収は、ワークフローを強化する新しいモードを採用し、ますます自動化され、データを駆使する環境で顧客がより効率的に業務を行うのを支援することにより、我々のエンタープライズ・アセット・インテリジェンスのビジョンとインテリジェント産業オートメーションにおける成長を加速させるでしょう。この動きは、生産地から消費地までのサプライ・チェーンを最適化するという当社の継続的なコミットメントを拡大するものです。FetchチームをZebraファミリーに迎えられることを嬉しく思います」と述べています。

フェッチ・ロボティクスは、AMRの幅広いポートフォリオに加えて、クラウドベースのエンタープライズ・ソフトウェアであるFetchCoreを提供しています。FetchCoreは、幅広い自動化されたワークフローを製造および倉庫業務に展開し、完全に統合するための基盤となるプラットフォームであり、AMRのセンサー・データを機械学習することで設備に関する独自の洞察を提供します。この買収計画は、労働集約的な業務を行っている顧客に先進的なロボットソリューションを提供するというZebraのビジョンを後押しするものです。

Zebraのロボティクス・オートメーションへの取り組みは、FulfillmentEdgeやSmartSightといった現在のZebraの製品を含む、人間の作業者のためのワークフロー・ソリューションとFetch Roboticsのソリューションを組み合わせたものです。その結果、テクノロジーと人間のより良い調和を通して、より大きな効率とより高いROIを推進する革新的なサービスを提供します。

Fetch Roboticsの最高経営責任者であるメロニー・ワイズは、「Fetchチームは、Zebraに参加し、AMRと我々のクラウドベースのロボティクス・プラットフォームを通じて、柔軟な自動化の採用が加速することに興奮しています。私たちは、お客様の真の問題を解決するエンド・ツー・エンドのソリューションを提供するために、適切な技術を持つ適切なチームを一緒に持っています。お客様がフルフィルメント、流通、製造のオペレーションをダイナミックに最適化し、総合的にオーケストレーションするのを支援することで、私たちは一緒になって、高まる需要に先んじて対応し、配送時間を最短にし、労働力の縮小に対処する能力を可能にします。」と述べます。

Fetchは、Zebra Venturesのポートフォリオ企業として、力強い成長を遂げてきました。初期の急速な成長段階において、この高粗利のプロファイル・ビジネスは、約1,000万ドルの年間ランレート売上を生み出しています。Zebraの市場参入のフットプリントと垂直市場の専門知識は、当社がこの事業を統合して投資する際の相乗効果を期待しています。

ゼブラ・テクノロジーズのチーフ・プロダクト&ソリューション・オフィサーであるビル・バーンズは、「当社の目標は、ロボットと人間に最高の仕事をする機会を与えることです。今回の買収は、ロボットを通じたお客様の業務改善を支援するソリューションを創造するという当社のコミットメントを反映した、一連のイノベーションになると期待しています。」と言います。

Zebraは、2億9,000万ドルの買収価格(まだ所有していない事業の95%分)を手元の現金で賄う予定です。この取引は、規制当局の承認を含む慣習的な完了条件に従うもので、2021年の第3四半期に完了する予定です。

Zebra社の法律顧問は、Vedder Price社が務めています。Fetch社は、Fenwick & West社が法律顧問を、Evercore社が財務顧問を務めています。

フェッチ・ロボティクスについて

フェッチ・ロボティクスは、シリコン・バレーに本社を置く、受賞歴のあるイントラロジスティック・オートメーション企業です。自律型モバイル・ロボティクスとクラウドの力を組み合わせることにより、Fetch Cloud Robotics Platformは、マテリアル・ハンドリングと在庫管理のためのオンデマンドの自動化ソリューションを提供し、あらゆる施設でほとんどのものを見つけ、追跡し、移動させる力を備えています。フェッチ・ロボティクスのソリューションとサービスは、世界中の主要な流通、フルフィルメント、および製造センターに配備されており、効率と生産性の向上を推進するために労働力を増強しています。詳細については、www.fetchrobotics.com をご覧いただくか、ツイッターで @FetchRobotics をフォローしてください。

ゼブラ・テクノロジーズについて

Zebra (NASDAQ: ZBRA) は、小売/商業、製造、運輸・物流、ヘルスケア、公共部門、その他の業界の最前線で、パフォーマンス・エッジを達成するための支援を行っています。世界100カ国に10,000社以上のパートナーを持つZebraは、業界に合わせたエンドツーエンドのソリューションを提供し、すべての資産と労働者の可視化、接続、完全な最適化を可能にします。市場をリードする同社のソリューションは、ショッピング体験を向上させ、在庫を追跡・管理するだけでなく、サプライチェーンの効率と患者ケアを改善します。2020年、Zebraは2年連続でForbes Global 2000リストに入り、Fast CompanyのBest Companies for Innovatorsにも選ばれました。詳細については、www.zebra.com をご覧いただくか、ニュースアラートにご登録ください。ZebraのYour Edgeブログに参加したり、LinkedIn、Twitter、Facebookで会社をフォローしたり、Story Hubをチェックしたりすることができます。Zebra Perspectivesをご覧ください。

Investor Contact:
Mike Steele, CFA, IRC
Zebra Technologies
+1-847-793-6707
msteele@zebra.com

Media Contact:
Therese Van Ryne
Zebra Technologies
+1-847-370-2317
therese.vanryne@zebra.com